ロマン派の音楽 / A Romantic Composition

[lang_jp]映像作品「ロマン派の音楽」と手紙作品「南方からの17通の手紙」を中心としたインスタレーション。「南方からの17通の手紙」はベトナム戦争時代に「雨だれ」と呼ばれていた沖縄人ピアニストを探すリサーチ旅の記録が手紙や写真記録にフィクショナルに綴られ、「ロマン派の音楽」はその沖縄人ピアニストと、彼が出会ったアマチュアヴァイオリニストでもあるアメリカ兵との関係をめぐる2チャンネルの映像作品。
左手の画面ではアメリカ兵の息子が父親の記憶を、ときには知り得ないはずのことも語り、右側では沖縄人ピアニストがベトナム戦争時代(「古き良き時代」だったとも)を振り返る語りが展開し、当時沖縄に存在したヒルトンホテルのバーで、アメリカ兵がバッハのシャコンヌを演奏した一夜のこと、その後の交流を回想する。それぞれの語りは、沖縄やアメリカでのインタビューをもとにして構成された。[/lang_jp]

[lang_en]The two channel video follows the tales of two men: an Okinawan pianist and an American Vietnam veteran, who was also an amateur violinist. The men recall the night they spent together at the bar of the Okinawa Hilton, where the American played Bach’s Chaconne. They go on to recollect how they went on to form a short friendship in 1970’s Okinawa, where a large number of American soldiers were stationed before or after serving in Vietnam. The American’s son narrates the video and reveals at the end that his father was a closeted gay man and having been devastated by his experiences in Vietnam he left his family when his son was very young. The piece closes with the major part of Bach’s Chaconne and ends before the music return to the minor, symbolizing the end of the peaceful moment that the two men shared.[/lang_en]

Installation View at BankART1929, 2015
Photo: Keizo Kioku
Photo Courtesy: Nissan Art Award

unnamed

_MG_1288

_MG_1293

_MG_1298

_MG_1303

_MG_1270

_MG_1267