American Boyfriendトーク / レースカーテンの隙間から:翻訳とマイノリティと

C0132.00_03_51_02.Still005

2011年から始まったAmerican Boyfriend企画のトーク、5回目となる今回は、言語の違いや翻訳が生む関係やマイノリティが触れるさまざまな境界をテーマに、温又柔さんと都甲幸治さんをゲストにお迎えし開催いたします。

7月7日(土)発売の文藝2018年秋号(河出書房新社)にて、「アメリカの風景」(文藝2017年夏号)、「暗闇を見る」(文藝2017年秋号)に続く三部作の最後となる小説「ストレンジャー」が掲載されます。2000年代中ごろのニューヨークで写真を学ぶアジア人の主人公が、会ったことのない男性の部屋を訪ね、ふたりが恋人同士の関係にあるように写真を撮る『Strangers』という作品を通し、アメリカにいる人種や境遇もさまざまな人びとに出会ってゆく……という物語になっています。

トークではこれまでに書いてきた小説、そしてAmerican Boyfriendプロジェクトを通して考えてきた翻訳を介した関係性や、「ストレンジャー」の執筆時につきあたったマイノリティとは誰かという問い、そして単なる断絶ではなくより柔らかな境界について、最新作『空港時光』(河出書房新社、2018年)をはじめとした作品で言語や境界線の揺らぎを描いてきた温又柔さん、『読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集』(立東舎、2015年)などを通して、人種やセクシュアリティに限らないマイノリティのあり方について探られている都甲幸治さんとともに、お話できたらと思います。

会場:VACANT
住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13
日時:2018年7月22日(日) 16:30- (16:00開場)
入場料:1,500円(1ドリンク付き)
予約:https://americanboyfriend5.peatix.com

出演:
温又柔
都甲幸治
ミヤギフトシ

司会:
江口研一

主催:VACANT
協力:河出書房新社

C0132.00_13_52_20.Still013

(写真は「This Madhouse: Reading Zooey (and Other Stories) at Home」(2016)より)