母からの手紙



僕自身が、英語で書いた手紙です。いわゆる母の手紙にみられるようなごく普通の『お母さん』事。こういうこと言われたいな、と僕が思っていた事。そしてそれを母親に、手書きで清書して僕に送ってくれるようお願いしました。彼女は英語を喋らないので、そこに何が書かれていたかはおそらく解らなかったと思います。暖かく、自制的な母の字は、いつ見ても素敵です。

僕もそこまで上手く英語を喋る訳でもないので、おそらく手紙を書いた時いくつか間違いをしてしまったのかもしれません。そこへ、また母も間違いをしてしまっていて、妙な重複的なミスがあったりします。「are you eating ok」と書いたのが「are you eating pok」になっていたり。

現実は、僕らはあまりこういう話はしないということ。たとえ電話の上でも。その責任は、おそらく僕にあるのですが。