Untitled (That Summer)|無題(あの夏)

[lang_en]
A pile of pictures, all shot last summer (or the year before, I don’t remember), sits on a dark corner of my bookshelf. Facing down, without being put in an album, they are kept rather carelessly. Printed repetitively on the back of them are Kodak Royal/FujiFilm Crystal Archive logos, along with some numbers and alphabets.

Out of a strange obligation, I take a look at them once in a while. But every time I do so, I feel like as if my memory is going stale and dry. Feeling stupid, I throw them on the desk; yet, from the back of the photos, the memories comes out like ghosts. I flip one of them once more, but there is nothing to be found.
[/lang_en][lang_jp]
本棚のすみに置かれた、何枚かの夏の写真。去年の夏だったか、一昨年か。それははっきりとは覚えていません。アルバムに入れられる事もなく、適当に纏められ伏せられた白い裏面には、コダックローヤルのロゴと、よくわからない数字とアルファベットが並んでいます。観て、と要求されるようで、時々とりだして一枚一枚ゆっくりめくってゆきますが、その度に記憶が冷めてゆくような感覚を覚え、結局つまらなくなって放り出してしまいます。それなのに、裏返しの写真の白い紙面から、まるでお化けのようにそのときの記憶が立ち現れます。後ろから光を当てて透かし見た像のように、おぼろげながらも確かな感情を持って語りかけてくる記憶。もう一度裏返してみたら、やはりそこには何もありませんでした。
[/lang_jp]
__