Untitled Photograph 1


[lang_en]
Exposed film cassette, fabric, fake flowers
Dimensions Variable

I sold the last one of the film camera I owned. I used to have several of them, but over the course of years, numbers have decreased, and now the last one is gone. Deciding to sell the last one, I opened the back of the camera without knowing there was still a roll of film inside. The film was partially exposed, images were gone. I could not remember what I shot.

I also didn’t know anymore how to wind it; I carelessly pulled the roll out, causing the entire strip to come out of the cassette.

Now totally exposed, the film stayed on the corner of my table. I couldn’t throw it away. Somehow, it begun to function as a vase for the cheap fake flowers that were lying there for some time. They made a nice still life.

The strange fake flower arrangement sat on the table, reminding me of the memories that I can’t even remember. Memories that the light recorded and then erased quite plainly.
[/lang_en]
[lang_jp]
露光されたフィルム、造花
Dimensions Variable

持っていた最後のフィルムカメラを売りました。昔は、幾つかフィルムカメラを持っていましたが、だんだんと数が減り、最後の一つもなくなってしまいました。その最後のカメラを売るとき、まだ中にフィルムが入っている事をしらず、カバーを開けてしまいました。フィルムの一部は、光を浴びてしまいました。イメージも消えました。でも、そこにあったイメージが何だったのか、僕は思い出せませんでした。

フィルムの巻き方すら忘れてしまっていた様で、適当に抜き出そうとした為、カセットの中に入っていたフィルムまで出してしまい、全てダメにしてしまいました。

露光されたそのフィルムは、しばらくどうして良いか分からず、捨てることもできず、テーブルの隅に置いていました。そのうち、それは、同じくたまたまそこに置かれていた造花用の花瓶のように使われ始めました。それらは、良い静物画を作りました。

その不思議なフラワーアレンジメントは、僕の机に置かれ、僕が思い出せない記憶を思い出させようとしていました。光が記録し、そして光がさらりと消してしまった記憶。

[/lang_jp]