Science Teacher|理科の先生

[lang_en]
There is a recurring figure of this teacher, (I don’t know if he really existed, it could just be my imaginary creation) when I think back of my junior-high years. The teacher, not particularly good looking, taught us science. Always wearing the white coat, smelling of coffee and cigarettes. I hated coffee and cigarettes. The smell of them seemed to represent all the adults who I despised when I was 13 or 14.

I never liked coffee or cigarettes. Nevertheless, he was attractive. I didn’t mind him being close to me. It wasn’t like I was having crush on him, it was more like a simple admiration a bit distorted, and mixed with something else, perhaps an obscure coming-of-age sexual fantasy. He smelled like one of them but he seemed different. Maybe it was that coat he wore. So I bought a white lab coat, wore it, walked around in my bedroom, and smoked a cigarette, drunk a cup of coffee. I liked neither of them still.
[/lang_en]
[lang_jp]
ふとした時に、何度と無く思い出す、中学時代のある教師がいます。(果たして彼が実在していたかは、もはや定かではありません。あるいは僕の想像の産物かも)その、特段見た目が良かったわけでもない教師は、僕たちに理科を教えていました。いつも着ていた白いコート、そしてコーヒーと煙草の匂い。僕は、コーヒーと煙草が嫌いでした。それらの匂い、ことさら二つの混じった匂いは、その時軽蔑していた大人たちの全てを象徴しているかのように思われたからです。

未だに、コーヒーと煙草は駄目です。けれど、その教師はとても魅力的に見えました。別に好きだったとか、どうのこうの、ではなくて、どちらかと言えば単純で少し歪んだ憧れ。そして、漠然とした思春期の性的な白昼夢。その教師も他の大人と同じ匂いでしたが、何かが違っていたのです。もしかしたら、あのコートのせいかもしれない。そう思った僕は同じコートを購入し、それを羽織って煙草を吸い、コーヒーを飲みました。そしたら、お腹を壊してしまいました。
[/lang_jp]