Tokyo Tower, 2007|東京タワー, 2007

____________
[lang_en]
(Video, 26 mins)
Tokyo Tower always seemed to represent the city where it stands. Tokyo was once the object of my admiration, I think I used to dream of living there when I was younger. Every time I visit Tokyo’s, I would take from the monorail from Narita airport to the city, and after a few minutes, Tokyo Tower suddenly appears itself, on the other side of the window, in the middle of the muted city scape. It looked outdated, and the color red was just out of place. Yet, to me, it looked elegant.

I used to make a string figure of Tokyo Tower, I recall that the figure somehow didn’t seemed to do justice to what the tower looked to me. Nevertheless it was fun.

Over the past years I began to take a dislike to the city, although I have never lived there. I probably hated what the city, or the country, embodies. So I turned my back on it and left the country.

I now live in Tokyo. My room is still rather bare and empty. I cannot see the tower from my window, and I’ve forgotten how to make the string figure of the tower.
[/lang_en][lang_jp]
(ビデオ、約26分)

東京タワーは、そして東京は、子供の頃の僕にとっては憧れの対象でした。そこに住んでみたかった。 羽田空港から浜松町行きのモノレールに乗れば、 窓の向こうにタワーが見えました。灰色ずんだ街並の真ん中、時代遅れの無骨さで、場違いな赤色を塗られて。 タワーとそれを取り囲むすすけた風景はしかし、子供の僕にはとてもエレガントなものに見えました。

あやとりで、東京タワーをつくって遊んだ記憶があります。そのタワーは、僕の観た本当のタワーにはほど遠く、 ただのこんがらがった線にしか見えませんでした。 でも、楽しかった。

いつからか、その街を敬遠するようになりました。住んだ事も無かったのに、きっとその街が、 その国が象徴する全てのものが嫌いに思えたのでしょう。

今僕は東京に住んでいます。引っ越したばかりの部屋は、まだ空っぽです。窓からは、タワーは見えませんし、 あやとりの東京タワーのつくりかたも忘れてしまいました。
[/lang_jp]