Written for the Wind|風と共に散る

[lang_en]
Pencil on Paper
Dimensions Variable

I decided to write an autobiography. But it’s been only 20-something years.

I tried to write down the oldest memories I could remember. There were some, but I was never sure if they are my own memories, or something that someone told me, or something I constructed from photographic memories. Maybe things gotten mixed up with stories and fictions I have read/saw in my life. I tried to undo the memories to weave out one coherent history. No matter how hard I tried, the time-line is confused, and new anecdotes pop up all the time, ones that I couldn’t connect to others, they stayed within me, while refusing to be a part of the whole.

The story got further and further away from the reality or what I thought to be real, and the writing turned into cheap melodrama. It was unoriginal and mediocre. Feeling stupid, I decided to make up an epilogue, a story that is a total fake, then let the wind take the entire story. The unnumbered pages, the fragments of my life, are scattered. If someone picks up a page and read a line or two, that would be nice.
[/lang_en]

[lang_jp]
Pencil on Paper
Dimensions Variable
今までの人生を振り返り、自伝を書いてみました。

記憶をさかのぼって見つけた一番遠い記憶は、はたしてそれが自分の記憶なのか、人から聞かされたものなのか、または写真から得た情報なのか、見当もつきません。もしかすると昔観た映画や読んだ小説と記憶が混同してしまったかもしれません。まとまりのない記憶をほどいて、一つの物語を紡ぎだそうとしても、時系列は混乱しており、また、断片断片が独立していて、つないでゆく事もままなりませんでした。

そんな記憶の曖昧さがあり、虚栄心や嘘があり、そして偏重した自分自身がいる。そこから、どんどんと現実を離れた、安っぽいメロドラマが紡ぎだされてしまいました。オリジナリティのない、面白くない物語でした。ばかばかしくなった僕は最終章にでたらめのストーリーをでっち上げて物語を完結させ、風にまかせるままにしました。ばらばらになって、そこから拾い上げたちいさなものから、何かへと広げてゆく事ができれば、それはそれで建設的なのかもしれません。
[/lang_jp]