Untitled (Nostalgia)



チョコレート味のテディ・グラハム(テディベアの形をしたクッキー)で満ちた密閉瓶。全てのテディ・グラハムは僕によって顔をかじり取られています。良く思い出す子供の頃の記憶で、蝉の羽を、それが飛び去ってしまわないように千切り取ってしまいうというものがあります。きっと誰もが、それに似た少しだけ残酷な行為をした事があるはず。子供の頃の記憶は、時に息苦しいものです。一日一日が永遠に続くように思われた日々。

This sculpture is a jar filled with chocolate Teddy Grahams with all the heads bitten off by me. There is this recurring image from my childhood, in which I tear off the wings of a cicada, so that it won’t fly away and will stay on my t-shirt. Everyone has done something similar, something a bit brutal. The memories of one’s innocent childhood can be suffocating, the days that seemed to go on forever.

closer look