Untitled (A Wrapper)

NYのギャラリーがクローズしたため、所在がわからなくなってしまった作品がいくつかある。『Untitled(Dad)』もそのひとつだった。作品とは言えただの市販のガムなので、捨てられても仕方がない。個人的に気に入っていた作品だったので、作り直すことにした。しかし、通販サイトを見るとパッケージデザインが今風になってしまっている。沖縄になら元のままのデザインで販売されているかもしれないが、そういえば数年前に沖縄で買ったダブルミントガムは、外パッケージこそ同じものの、ガムの銀紙を包んでいた緑の包装紙がなくなってしまっていた。つまり、『Untitled (Dad)』は再現不能な作品ということになる。ただの市販のガムなのに、ともう一度思わずにはいられなかった。