Aichi Triennale 2016: Rainbow Caravan|あいちトリエンナーレ2016: 虹のキャラヴァンサライ

DSC07545

[lang_jp]会期:2016.8.11(Thur) – 10.23(Sun)

1. コラムプロジェクト『交わる水ー邂逅する北海道/沖縄』内にて、新作インスタレーション『The Dreams That Have Faded/いなくなってしまった人たちのこと』を発表します。
会場:中央広小路ビル2F(栄)
詳細:http://aichitriennale.jp/artist/column05.html

2. 映像プログラム内にて、『ロマン派の音楽(シングルチャンネル版)』と『花の名前』を上映します。
上映日時:8月23日(火) 17:40、28日(日)15:40、9月2日(金)18:35、4日(日)11:00、7日(水)17:40
会場:愛知芸術文化センター
詳細:http://aichitriennale.jp/artist/miyagifutoshi.html

アーティストトーク「夜の虹」
日時:9月2日(金) 19:45〜20:35
会場:愛知芸術文化センター
詳細:http://aichitriennale.jp/schedule/1363.html

15_Flower Names_Video Still_9

[/lang_jp]
[lang_en]Venues: Aichi Arts Center, Chu-o Hirokouji Building (Sakae)
Dates: 2016.8.11(Thur) – 10.23(Sun)

1. Within the Collum Project “Crossing Water: Encounters Between Hokkaido and Okinawa,” new video installation “The Dreams That Have Faded” will be exhibited.
Details: http://aichitriennale.jp/english/artist/index.html#column

2. “A Romantic Composition(Single Channel Version)” and “Flower Names” will be shown as a part of the Film Program.
Dates: Aug 23(Tue) 17:40, Aug 28(Sun) 15:40, Sep 2(Fri) 18:35, Sep 4(Sun) 11:00, Sep 7(Wed) 17:40

Details: http://aichitriennale.jp/english/artist/miyagifutoshi.html
[/lang_en]

ROPPONGI CROSSING 2016: My Body, Your Voice|六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声

crossing

[lang_jp]会場:森美術館
会期:2016.3.26(Sat) – 7.19(Sun)

 

参加作家:ジェイ・チュン & キュウ・タケキ・マエダ、藤井 光、後藤靖香、長谷川愛、石川竜一、片山真理、小林エリカ、ナイル・ケティング、松川朋奈、ミヤギフトシ、毛利悠子、百瀬文、西原尚、野村和弘、佐々瞬、さわひらき、志村信裕、高山明、山城大督、ジュン・ヤン

 

企画:荒木夏実(森美術館キュレーター)、キム・ソンジョン(アートソンジェセンターディレクター、Samusoディレクター)、小澤慶介(キュレーター/特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])、ウー・ダークン(台北国際芸術村ディレクター)

 

詳細:http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2016/[/lang_jp]
[lang_en]Venue: Mori Art Museum
Dates: 2016.3.26(Sat) – 7.19(Sun)

Artists: Jay Chung and Q Takeki Maeda, Fujii Hikaru, Goto Yasuka, Hasegawa Ai, Ishikawa Ryuichi, Katayama Mari, Kobayashi Erika, Nile Koetting, Matsukawa Tomona, Miyagi Futoshi, Mohri Yuko, Momose Aya, Nishihara Nao, Nomura Kazuhiro, Sasa Shun, Sawa Hiraki, Shimura Nobuhiro, Takayama Akira, Yamashiro Daisuke, Jun Yang

Curation: Araki Natsumi (Curator, Mori Art Museum), Kim Sunjung (Director, Art Sonje Center; Director, Samuso), Ozawa Keisuke (Curator, Arts Initiative Tokyo [AIT]), Wu Dar-Kuen (Director of Taipei Artist Village)
[/lang_en]

Imprisoned, Jailbreak, Imprisoned, Jailbreak “Good Morning Today”|囚われ、脱獄、囚われ、脱獄「今日の始まり」

Imprisoned-Jailbreak-e1457769864832[lang_en]Venue: Komagome SOKO, KAYOKOYUKI [2-14-2 Komagome, Toshima-ku, Tokyo]
Date: 2016.3.19(Sat) – 4.17(Sun)
Hours: Wednesday-Saturday 12:00-19:00, Sunday 12:00-17:00

 

Artists: COBRA, Akira The Hustler, Margaret Lee, Futoshi Miyagi, Yu Nishimura, Teppei Soutane, Yosuke Takayama, Nobuaki Takekawa, Kazuyuki Takezaki

 

Curation: Kazuyuki Takezaki

 

Details: http://toradatsu.teamblog.jp/archives/1133845.html[/lang_en]
[lang_jp]
会場: Komagome SOKO, KAYOKOYUKI
会期: 2016.3.19(Sat) – 4.17(Sun)
時間: Wednesday-Saturday 12:00-19:00, Sunday 12:00-17:00

参加作家:コブラ、アキラ・ザ・ハスラー、マーガレット・リー、ミヤギフトシ、西村有、五月女哲平、高山陽介、竹川宣彰、竹崎和征

キュレーション: 竹崎和征

詳細:http://toradatsu.teamblog.jp/archives/1133845.html
[/lang_jp]
 

 

TOKYO, TIME MACHINE, and then…|東京と、タイムマシーンと、

Exif_JPEG_PICTURE

[lang_jp]会場: YKG Gallery
会期: 2016年2月19日(土)-4月2日(土)
営業時間:水-土オープン 13:00 – 18:00
 

出展作家: 滝口悠生、ミヤギフトシ、吉増剛造

 

詳細:http://www.ykggallery.com/exhibitions/tokyo-time-machine/[/lang_jp]
[lang_en]Venue: YKG Gallery
Dates: February 19th(Sat) – April 2nd(Sat)
Hours: Open on Wednesday through Saturday, 13:00 – 18:00

 

Artists: Yusho Takiguchi, Futoshi Miyagi, Gozo Yoshimasu

 

Details: http://www.ykggallery.com/exhibitions/tokyo-time-machine/[/lang_en]
 

 

Memories / Things

memories_main

会場: Open Letter
会期: 2016年1月10日(日)-3月27日(日)
時間:日曜のみ、12:00 – 19:00

参加作家:長田奈緒、ミヤギフトシ、中島あかね

詳細:http://openletter.jp/exhibitions/exhibition_memories_things/

Our Beloved World|愛すべき世界

P3240040.00_04_13_19.Still001

[lang_jp]会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期:2015年12月20日(日)-2016年3月27日(日) *年末休館:12月25日-31日

出展作家:鷹野隆大、丹羽良徳、ミヤギフトシ、森村泰昌

主催:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、公益財団法人ミモカ美術振興財団
助成:一般財団法人自治総合センター、芸術文化振興基金、公益財団法人 花王 芸術・科学財団

作家によるギャラリー・トーク
日時:12月20日(日) 14:00−
講師:鷹野隆大、丹羽良徳、ミヤギフトシ(予定)

詳細:http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2015/12/20/1429/[/lang_jp]

[lang_en]
Venue: Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art
Date: Sun. 20 December 2015 – Sun. 27 March 2016

Artists: Ryudai Takano, Futoshi Miyagi, Yasumasa Morimura

Organized by Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art, The MIMOCA Foundation
Subsidized by Japan Arts Fund, Japan Center for Local Autonomy, The Kao Foundation for Arts and Science

Artists’ Talk
Date: December 20th, 2015 14:00-
Participants: Ryudai Takano, Yoshinori Niwa, Futoshi Miyagi

Details: http://www.mimoca.org/en/exhibitions/2015/12/20/1429/[/lang_en]

15_Flower Names_Still_1_3s
(画像はともにミヤギフトシ「花の名前」より)

Nissan Art Award 2015|日産アートアワード2015

Poster
[lang_en]Venue: BankART Studio NYK (3-9 Kaigan Dori, Naka-ku, Yokohama)
Dates: November 14th(Sat)-December 27th(Sun)

Finalists:
Sayaka Akiyama, Tsuyoshi Hisakado, Takashi Ishida, Takahiro Iwasaki, Futoshi Miyagi, Yuko Mohri, Tomoko Yoneda

Organized by Nissan Motor Co., Ltd.
Directed, Coordinated and Exhibition Curated By Arts Initiative Tokyo [AIT]
In association with Camden Arts Centre
Exhibition Support By BankART1929
Associate Support By City of Yokohama

*The exhibition will be closed to the public on November 24 (Tue) for the event.

Details: http://www.nissan-global.com/EN/CITIZENSHIP/NAA/[/lang_en][lang_jp]
会場:BankART Studio NYK(神奈川県横浜市中区海岸通3-9)
会期:2015年11月14日(土)~12月27日(日)

ファイナリスト:秋山さやか、久門剛史、石田尚志、岩崎貴宏、ミヤギフトシ、毛利悠子、米田知子

主催:日産自動車株式会社
企画・運営協力:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
協力:カムデン・アーツ・センター
展覧会協力:BankART1929
展覧会後援:横浜市

グランプリ発表・授賞式:
2015年11月24日(火)*招待客のみご参加いただけます。

詳細:http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/[/lang_jp]

American Boyfriendトーク:「物語のなかで語る「私」

DSC00194

会場:VACANT
住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13
日時:2015年8月23日(日) 15:00-
入場料:1,000円

2012年から続けているAmerican Boyfriendにおいて、物語・ナラティブはとても重要な要素として、プロジェクト開始当初から存在していました。戦後沖縄についてのリサーチや現地調査などを踏まえつつ、自分自身の沖縄での体験やフィクションを織り交ぜながら、ごくパーソナルな語りかけを試みること。それが、プロジェクトの核として存在しており、そんな中で、どう物語を形作るか、そしてそれを語る「私」をどのように構築するのかということは、作品においてとても重要な問題でした。そこで参照したのは、現代文学でした。American Boyfriendプロジェクトを構想し始めた2011年以降、毎月2、3冊の文芸誌を読み漁り、単行本や文庫本を部屋に積み上げながら、多くの現代文学作品の世界に触れ続けてきました。今回は、そんな中でも個人に強く影響を受けた作家である柴崎友香さんと青木淳悟さんをお招きして、物語における「私」の語りのありかた、そしてその「私」が見ている世界と現実との奇妙な距離感についてなど、お話を伺えたらと思います。

出演:
青木淳悟
柴崎友香
ミヤギフトシ

司会:
山口博之

ご予約はVacantウェブサイトにて受け付けております。

Time of Others | 他人の時間

13_The Ocean View Resort Production Still_1

[lang_jp]会場: 国立国際美術館
会期: 2015年7月21日(土)-9月23日(水)

出展作家: ヒーメン・チョン、キリ・ダレナ、グレアム・フレッチャー、ホー・ツーニェン、サレ・フセイン、ジョナサン・ジョーンズ、加藤翼、河原温、キム・ボム、アン・ミー・レー、バスィール・マハムード、イム・ミヌク、ミヤギフトシ、プラッチャヤ・ピントーン、ブルース・クェック、下道基行、ナティー・ウタリット、ヴァンディー・ラッタナ、ヴォー・アン・カーン、ヤン・ヴォー

主催: 独立行政法人国立美術館 国立国際美術館、
   国際交流基金アジアセンター、
   シンガポール美術館、
   クイーンズランド州立美術館│現代美術館、
   公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

詳細:http://www.nmao.go.jp/exhibition/index.html[/lang_jp]

[lang_en]Venue: National Museum of Art, Osaka

Dates: July 25th(Sat)-September 23th(Wed)

Artists: Kim Beom, Heman Chong, Kiri Dalen, Graham Fletcher, Ho Tzu Nyen, Saleh Husein, Jonathan Jones, Tsubasa Kato, On Kawara, Võ An Khánh, An-My Lê, Basir Mahmood, Lim Minouk, Futoshi Miyagi, Pratchaya Phinthong, Bruce Quek, Motoyuki Shitamichi, Natee Utarit, Vandy Rattana, Danh Vo

Organized by:
National Museum of Art Osaka
The Museum of Contemporary Art Tokyo
Queensland Art Gallery, Australia
Singapore Art Museum
Japan Foundation, Asia Center

Details:http://www.nmao.go.jp/en/exhibition/index.html
[/lang_en]

Japanese Nightingale Doesn’t Sing At Night

Curated by American Boyfriend

Johanna Billing
[lang_jp]
会場: XYZ collective
会期:2015年6月21日(日)-7月19日(日) 14:00 – 19:00、月・火・水は休み
レセプション: 2015年6月21日(日) 16:00-19:00
出展作家: 碓井ゆい、沢渡朔、ヨハンナ・ビリング、カルロス・モッタ、エイミー・ヤオ

 

もしわたしたちが社会的な生き物であり、わたしたちの生存が相互依存性の承認(それは類似性の認知によるものではないかもしれないのだが)にかかっているのであれば、わたしが生きのびるのは、孤立し境界をつけられた存在としてではなく、境界線によって自発的にそして意図せずして(時には同時にその両方のかたちで)他者にさらされている存在としてである。そのようにさらされていることこそ、社会性と生存の双方の条件なのだ。
ジュディス・バトラー (清水晶子訳)『戦争の枠組 生はいつ嘆きうるものであるか』(筑摩書房、2012)

 

米軍基地のフェンスに象徴される無数の境界線が社会を分断する沖縄において、たとえば「男性米軍兵と沖縄人男性との間で育まれた恋」のような、フェンス越しに存在したかもしれない密やかな関係の可能性を探るプロジェクト「American Boyfriend」。本展は、「American Boyfriend」において考え続けてきた境界線と、境界線を介した関係(それは必ずしも暴力的なものばかりではない)は普遍的に存在するのではないか、という興味に端を発している。世界中の様々な場所、様々な時代に生まれた境界を介する関係は、どのように共鳴するのか。

バトラーの言うように、「さらされていることこそ、社会性と生存の双方の条件」であるならば、隔たりに晒された関係性は普遍的なものでもあるはず。世界のさまざまな場所や時代において、言語や文化の差がもたらす誤解があり、境界線を壊してしまおうと試みるものたちが存在し、そして境界線にさらされながら同じ空気を共有しようとするものたちがいる。それは多くの場合政治家でも活動家でも芸術家でもない、ごく身近な「わたしたち」だ。わたしたちは境界線にさらされ続けている。それは対峙の場であるとともに、触れあいの可能性を秘めた領域にもなり得るのかもしれない。境界線の向こうで同じ空気を共有しているはずの「だれか」を想像し、時に手を差し伸べてみること。それは、決して無意味なことではないはず。

100年前のアメリカで、「日系アメリカ人作家オノト・ワタンナ」というペルソナを用い、日系人として小説を書いていた中国系カナダ人の女性作家ウィニフレッド・イートンは、日本を舞台にした『A Japanese Nightingale』という恋愛小説を発表し、ベストセラーとなる。しかし、その小説はタイトルから奇妙な矛盾をはらんでいる。彼女がジャパニーズ・ナイチンゲールと呼んだ鳥、ウグイスは、ナイチンゲールのように夜に鳴かない。しかし、彼女のいた場所と彼女が描いた場所は、太平洋という遥かな海で隔てられていた。それでも彼女は、物語を生み出した。

 

ミヤギフトシ、2015.04.20[/lang_jp]

[lang_en]Venue: XYZ collective
Dates: June 21st (sun) – July 19th (sun), 2015 /  14:00 – 19:00, closed on Monday, Tuesday, Wednesday
Opening Reception:  June 21st (sun) 16:00-19:00
Artists: Johanna Billing, Carlos Motta, Hajime Sawatari, Yui Usui, Amy Yao

 

But if we are social beings and our survival depends upon a recognition of interdependency (which may not depend on the perception of likeness), then it is not as an isolated and bounded being that I survive, but as one whose boundary exposes me to others in ways that are voluntary and involuntary (sometimes at once), an exposure that is the condition of sociality and survival alike.
Judith Butler “Frames of War –When is Life Grievable?” (Verso, 2009)

 

I started American Boyfriend in 2012 as a way of researching the post-war history of Okinawa, where the fences of American military bases have created boundaries that divide both land and society. Through the project I aim to unearth clandestine relationships, such as an intimate connection shared by an American serviceman and a local Okinawan man, that were nurtured by the presence of such boundaries yet never surface within the official historical narrative. This exhibition stems from my interest in whether these boundaries exist outside of Okinawa, and if so, what relationships do they produce and how do such relationships resonate with one another?

 

As Butler wrote, if there is “an exposure that is the condition of sociality and survival alike,” then the resulting relationship may indeed be universal. Such relationships may exist in various parts of the world, various time periods throughout history, and various regions with language- or culture-based conflicts; equally there are those who attempt to destroy the boundaries, and those who attempt to co-exist in spite of the divisions caused by such boundaries. The majority of such instances do not affect politicians nor artists, instead it is people like ourselves, those who are simply trying to live ordinary lives. We are constantly exposed to boundaries. And while boundaries can be sites of confrontation, they also have the potential to be sites where new relationships are nurtured. It is not too futile to imagine sharing the same air as those on the other side of the boundary, or even reaching out to them.

 

More than a century ago in America, the Chinese-Canadian novelist Winnifred Eaton adopted the pen name of Onoto Watanna and after claiming to be Japanese-American, went on to write numerous novels set in Japan. “Japanese Nightingale” was a bestseller at the time, but its title is a contradiction in itself. The uguisu, which Eaton referred to as the Japanese Nightingale, doesn’t in fact sing at night as the nightingale does. Yet we must remember that the vastness of the Atlantic Ocean separated the author from her novel’s setting – her romantic story resulted from reaching out to imagine the other side.

 

Futoshi Miyagi, April 20th, 2015[/lang_en]

Hajime Sawatari__Yui Usui__Amy Yao__Johanna Billing